資金が足りなくなったらどうする?あなたが取るべき行動はこれだ

資金繰りに困った時にどのような行動を取るべきなのでしょうか?

その行動はいくつもあるとは思いますが、その方法についてはご存知ない方も多いと思います。ここではそんな方達に何をすべきかを必要なのかを調べるために、ここでいくつか紹介していきたいと思います。

世の中で資金調達に困っている人が取っている行動と言えば、即日で調達できる先を探すことです。

例えばビジネスローンファクタリングのような方法はそのような方の駆け込み寺となっています。

事業をやっていると、売り上げ代金がなかなか回収できないのに、在庫や設備のために資金が必要になると言う事は普通にある状況ですよね。更に現金が残っていないので全然儲かっているわけではないので、尚更泣きっ面にハチという事になりかねません。

ただし、やはり税金は時期になると払わなくてはいけません。その時期というのはもちろん決算の事です。

この時期は会計処理と密接な関係にあり資金繰りととても重要な関係性を持っています。

銀行の融資は最重要である

いろんな資金調達手段があるのが事実ですが、実質的にはその他の手段はあまり実用的でない事がほとんどです。
なぜならそれらの他の手段は実用性がなく、実際に自分が借りたい時に使えないケースが結構あるからです。
資金調達の手段といっても、あまり使えなかったら意味がないですよね。そのため、ここでは最も実用的な銀行についてお話ししていきたいと思います。

会計や税金には詳しくなる必要はありますが、それだけでもちろん資金調達ができるわけではありません。
当然、銀行の融資先との調整やコミュニケーションや細かいやりとりが必要になってきます。

そのためいろんな手段がある中で銀行が最適で使い勝手が良いとはいっても、決して平坦な道のりなわけではありません。という事でここでちゃんと基礎を抑えておきましょう。

逆にいうと銀行はそれだけ使い勝手をちゃんとカバーしておけばとても頼もしいサポーターになってくれます。銀行は当然全国どこにでもありますし、その気になってくれさえすれば豊富な資金力でとても豊富な資金を提供してくれるでしょう。

銀行から融資を受けるコツとは

銀行から融資を受けると言っても、その道のりは生半可なものではありません。そのノウハウを知っていないと、とても最初の素人のうちでは単独で乗り込んで100%それは無理な話です。

なぜかというとやはり銀行の融資を受けるにはいろんな知識が必要となってくるからです。

一つポイントとなってくるのはあなたの会社が赤字かどうかの決算の内容です。ここで普通に考えると赤字だとなかなか貸してくれる事は難しいと考えると思います。しかしながら実際はそんな事はなくたとえ赤字だからといっても親身になって相談になってくれるところはとてもたくさんあります。

じゃあ逆にどういったところが融資を見送られてしまうかっというと、そこにたくさんのノウハウが詰まっているんです。

昔は金融融資を受ける際にマニュアルなどは全くなく、それらはほとんど肌感覚で、その人の知識の中で判断してやるしかありませんでした。
数十億円のお金を動かす商談をしている時に、こんな事では本当に困ってしまいますよね。だって、人によって同じ内容を見ても結果が異なってしまうので。

そういった類の情報はすぐにノウハウ化できず、その人独自の判断になってしまうのでその人が例えば退職したり転職したりしてしまった時に、その人がいなくなってその会社はとても悲惨な事になってしまいます。

できるだけ、属人化せず、誰が見ても公平にジャッジできるようにする方が会社のためでもあります。そのため、最近では銀行も可能な限りマニュアルとするように、マニュアル作りをするようになってきました。

これは我々融資を受ける側にもメリットがあると言えます。なぜなら、マニュアルが存在するという事はその対策も容易であるという事です。
何もない中で進んでしまうと、ある時は運よく受かったかもしれませんが、あるときはなぜだかよく分からず審査が落ちてしまった、という事になってしまってはどうでしょう?それがたとえ支店長の機嫌が悪かっただけだとしても、、

そうならないように、やはりマニュアルは公平な判断をしてもらう上では重要となってきます。

金融検査マニュアルに注意

マニュアルといっても、かの有名な金融検査マニュアルには注意しましょう。

これは、先ほど説明した銀行の審査の基準のノウハウをマニュアル化したものなのですが、ここに書いてあることを銀行が鵜呑みにしてしまった結果、昔起こったような貸し渋りや貸し剥がし等が横行するようになってしまいました。

これらはなぜ起こったかと言うと、これらはマニュアルが神様とされすぎてしまったせいです。
銀行のマニュアルを神様としてリスペクトしすぎた結果、少しでもこの基準に満たさないとお金は貸せないし、逆にこの基準を下回ってしまうと今まで貸してたお金をすぐに引き剥がさなくてはいけなくなりました。

これが俗にい言う貸し渋りや貸し剥がしなどです。
これらを本当にほっといてしまうと昔の平成初期のような時代に逆戻りしてしまいます。
そのためこれらは本当にマニュアルとしてどうか?という点を考えなくてはいけません。

もしマニュアルが100%正しく、誰の目から見ても完璧なものに仕上がっているのであれば、これはマニュアルに従っておくのが良いとは思います。
しかしこれは人が作っているものなので、マニュアルが100%正しいなんて事はあり得ません。

そのため、最近ではこの金融検査マニュアルに加えて、ただし、この場合は緩和してもいいですよ、とか守らなくてもいいよ、とかいう文言を含んだ別冊が作られました。
最近では、これも含んで金融検査マニュアルと言います。