カテゴリー
銀行の融資

この状態にだけはならないように注意!最悪の不良債権とは

不良債権にならないために

債務超過とはつまり資本金を上回る以上の損失を出してしまったときの事です。これが良くない状態である事は誰が見ても明らかでしょう。それは分かったとして、じゃあ債務超過にならないためにはどのような対策を取らなくてはならないのでしょうか。

この方法については無限に存在すると思いますが、あなたが真っ先にやらなくてはいけないのは不良債権にならないためにどうしたらいいのか、という点です。銀行は各銀行で独自の審査基準を設けており、そのボーダーラインを下回ってしまった人たちはブラックリスト入りします。このブラックリストのことを不良債権と呼びます。

不良債権とはなんとも不気味な響きですが、実際に厄介な存在である事は否めません。経営者の我々の立場からすると耳が痛い話ですが、やはりどれだけ時間をかけて待っても融資した金額が戻ってこなかったり返済されなかったり、、なんていう日が1年も2年も続いてしまうと、やはり銀行としてもその会社を放置しておくわけにはいきません。

銀行としてもそのような会社に貸し出してしまった事が不運なわけですが、あなたとしてもやはり全力で経営している以上は、不良債権なんて裏で呼ばれないための何か秘策を持っていたい事でしょう。経営者は概してプライドが高いものなので、やはりこの思いは非常に共感できます。

自分の会社はやっぱりキラキラして見える方が幸せだというのはみんな同じ気持ちです。銀行としても当然あなたにリカバリーしてもらわないと不良債権がどんどん溜まっていって銀行自体が危なくなるので、そのうち融資の打ち切りなんていう場面にも遭遇するかもしれません。

場合によっては不良債権を免除される可能性も

この不良債権は一度嵌ってしまうとなかなか抜けられないものですが、その一方でその状況を打破する道もあります。なかなか大企業では難しい方法ではあるのですが、、

それはあなたの個人の資産を会社の資産と合算する事です。なんか裏技みたいに聞こえるやり方ですが、実際にこれは中小企業のような比較的規模の小さい会社であれば普通に行われています。これは文面で読むと奇妙に聞こえますが、実際の実情を考えると至極自然な事とも言えます。

中小企業は個人で経営しているところが多い

それはなぜかというと、中小企業は個人で経営している事が多いという実情です。これは町工場等を眺めてみればすぐにイメージできると思います。XX工場やXX製作所など、個人で経営している小さな工場を見た事があると思います。この程度の規模であれば、自分が会社を経営しており、個人の財産と会社の財産がイコールである事も多いのです。

そのため、このようなスタイルの会社で、かつその会社の社長の財産が少なくない時にはその資産と合算して赤字を免れ、債務超過を防ぐ手もあります。結果として、不良債権から脱出できるというからくりです。